■第2四半期決算、下期集中で減収も、契約進ちょく78%野村不動産HD

 分譲マンション竣工・引き渡し時期が第4四半期に集中することから、住宅部門は減収減益。賃貸部門は、賃貸収入増加と収益不動産開発の売却物件収入などが増加し、増収増益した。仲介・CRE部門は、取扱高が減少し減収減益した。  マンションと戸建てを合わせた計上戸数は1393戸にとどまったものの、今期計上予定の6100戸に対する契約進捗率は78・2%と順調に推移。契約済み未計上残高は前年同期よりも751戸多 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月5日