渋谷駅桜丘口再開発SAや国際医療施設も、東急不動産1月に解体着手

 東急不動産が組合員・参加組合員として参画している「渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業」は10月31日、東京都から権利変換計画の認可を受けた。来年1月に解体工事に着手する。  国道246号の南側、JR山手線の西側の約2・6ヘクタールの再開発事業。先行して進む周辺の再開発地区と連携し、縦動線アーバン・コアや歩行者デッキの整備を行うほか、都市計画道路と地下車路ネットワークを整備することで、街の利便 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月5日