19年3月期第2四半期決算

増収減益も好調/買取再販が躍進/タカラレーベン  タカラレーベンの2019年3月期第2四半期決算のセグメント別での業績は、分譲マンションや戸建分譲など不動産販売事業では売上高340億2500万円(前年同期比190・5%増)と大幅に伸長した。特にリニューアル再販事業は、売上高で通期計画17億円のうち95・9%の16億2900万円を計上し、売上総利益は25億円と通期計画の22億円を上回った。  不動産 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月5日