不動産学会、24日明海大で共同シンポ、産学官の新たな連携を探る

 日本不動産学会は11月24日、資産評価政策学会と合同シンポジウム「不動産市場の構造変革と産学官の新たな連携」を明海大学浦安キャンパス(千葉県浦安市)で開催する。翌25日まで開催する秋季全国大会のメーンシンポジウムとなる。定員200人、参加無料。  人口減少や所有者不明土地の増加など環境の変化やビッグデータや不動産テックなどビジネスの変容を受け、「産・学・官」の各分野や新たな連携のあり方を議論する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月5日