広島・愛媛・岡山に義援金、日管協が624万円

 日本賃貸住宅管理協会(日管協、末永照雄会長)は、今年7月に豪雨被災した広島県、愛媛県、岡山県を相次いで訪問して義援金を贈呈した。被災住宅や被災者を支援するために、会員168社からの義援金624万円を3県に分配した。復興に向けてみなし仮設住宅の提供など住宅行政を円滑に進める協力も確認。  広島県に10月4日、愛媛県に11日、岡山県に25日とそれぞれ訪れ、知事(岡山県)や副知事(愛媛県)、審議官(広 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月5日