東京カンテイタワマン調べ、50階以上の過半数に制震、首都圏の免震・制震は導入598棟

 東京カンテイは10月31日、全国の超高層マンションの供給動向・ストック数をまとめた。今年から2020年までの竣工予定マンションを含めて集計。地上20階上のタワーマンションを対象に免震・制震構造の有無を最高階数別に見ると、20階建てクラスでは、61・5%のタワーマンションで「免震・制震ともになし」となり、「免震あり」は26・7%、「制震あり」は11・8%にとどまった。ただ、最高階数が高くなるほど免 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月5日