野村不動産、東雲にオーバル形状472戸、テレワーク対応中庭囲む共用部

 野村不動産は10月27日、地下鉄有楽町線豊洲駅徒歩10分に開発中の分譲マンション「プラウドシティ東雲キャナルマークス」(総戸数472戸)のモデルルームをオープンした。  建物は、野村不動産初のオーバル形状の設計を採用した地上15階建て。約70%が南向き住戸となるようにするとともに、建物に囲まれた4000平方メートル超のプライベートガーデンと公園、広場で構成する中庭を設ける。  テレワークが可能な ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月29日