【連載】住宅ローン提案で営業に付加価値場面とポイントを整理営業トークに使う方法、(14)フラット35に向いている人淡河範明

 フラット35は、現在300社以上の取次金融機関があり、ほぼ全国どこでも利用できる商品。数ある住宅ローンの中でも、異なる金融機関で同一商品を取り扱っているケースはほとんどなく、希少な商品の1つ。 フラット35を知らずに住宅ローンを選んでいる人も多い  ただし、販売網がある割には販売実績がそのポテンシャルほどでない。本来はフラット35に向いている人にもかかわらず、フラット35のことを知らずに住宅ロー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月29日