JLL、3兆930億円で前年比4%増、商業用投資額1~9月取引拡大の傾向続く

 不動産サービス大手のJLL(東京都千代田区、河西利信社長)は10月22日、2018年1~9月期の日本の商業用不動産投資額を発表し、速報ベースで前年同期比4%増の3兆930億円(ドル建て同7%増の281億ドル)となった。7~9月期では10%増の8420億円(ドル建て同8%増の74億ドル)だった。  同社では、「17年第4四半期からの不動産取引の拡大傾向が続いている。投資物件に対する需要は依然として ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月29日