CBRE調べ全国ビル市場、需給ひっ迫、今後も賃料上昇、来年竣工分も内定進む

 シービーアールイーがまとめた2018年第3四半期の全国13都市オフィスビル市場動向によると、東京グレードA空室率は前期よりも0・5ポイント下がり07年第2四半期以来11年ぶりに1%を割り込む0・9%だった。東京グレードA賃料は予想を上方修正し、今後1年間で1・5%上昇すると見る。  東京は今期竣工したグレードAビル4棟が、大手企業のグループ集約や立地改善の受け皿となり、ほぼ満室で竣工した。 新築 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月29日