民泊対応型物件、コミュニケーションで蓄積、独自路線で付加価値、アートと不動産の“いいとこどり”

 今年6月にいわゆる民泊新法が施行したものの、かえって敷居が高くなった感もある民泊。需要が高くとも供給のハードルが上がり、量が不足している状況の中、アートをテーマに据えた民泊対応型マンション「AOCA(Apartment of Contemporary Art)」のような物件も登場している。  ベストウェイは、2016年に民泊対応型のマンションを供給する方針を打ち出した。初弾は東京都大田区山王に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月29日