東急リバブル、首都圏アライアンス330社超、情報共有で17年140件成約

 東急リバブルは、不動産流通業界で企業間の垣根を越えて連携する「アライアンス事業」を進めており、10月で3年が経過した。パートナーシップ契約を締結した企業数は、首都圏で330社を超えた。昨年11月から関西圏でもスタートしてパートナー企業の拡大を図っている。今後、首都圏で500社の参画企業を目指す。  同事業では、主に(1)売却物件情報の相互提供(2)「リバブルあんしん仲介保証」など独自仲介サービス ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月29日