【連載】新・不動産鑑定の現場から、海老沼事務所の視点□13□、転貸の営業主体は転借人、転貸の変形「ヤドカリ」にフル稼働の秘訣

 先日、テレビで拝見しましたが、「ヤドカリ」というものが流行しているようです。いわゆる転貸の変形です。通常は転貸というと、賃借人がそこには存在しないで転借人がそこで運営、経営をしており、転借人は賃借人に賃料を払うというのが普通です。この場合でも、賃貸人の承諾を得て転貸を行う場合と、賃貸人に無断で転貸を行う場合があります。いずれにせよ、転貸というのは営業主体が転借人であることは間違いないはずです。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月29日