消費税、来年10月に10%、与党で議論、年内に対応策

 安倍首相は10月15日の臨時閣議で、消費税率を2019年10月1日に10%に引き上げると表明した。増税後の消費の冷え込みを防ぐため、臨時・特別の経済対策を行う方針も示し、全閣僚に策定を指示した。  14年4月の税率8%への引き上げ前後には、駆け込み需要と反動減が起き、その後の消費の回復にも長い時間がかかった。この反省を踏まえ、政府は増税後の消費者の負担軽減策や、財政出動によって景気を下支えする。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月22日