JLL、インターナショナルスクール投資、長期安定・高利回り期待

 不動産サービス大手のJLL(米国シカゴ)はこのほど、アジア太平洋地域での英語カリキュラムのインターナショナルスクールに対する需要が高まっており、不動産投資家の投資対象として注目を集めているとレポートした。市場は約3700億米ドル規模だとする。  同社は、「中流階級や共稼ぎ世帯の増加を背景に英語でのカリキュラムを提供する学校への入学を希望する親が増えている」という。学校サイドも現地の富裕層に焦点を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月22日