マーキュリー調査新築マンション供給、葛飾区は23区最大の減少、エリア性と建築費高騰が要因

 不動産調査のマーキュリー(東京都新宿区、陣隆浩社長)は、東京23区の新築マンションの相場を調べたところ、全体的に供給数が減少しており、特に葛飾区・品川区・足立区の3区は2018年の供給戸数が17年に比べて7割超と大幅に減少していることがわかった。  最も供給数を減らしたのが葛飾区で昨年の538戸に対し、今年は10~12月の販売予定を含めて87戸と83・8%減少した。次いで品川区の3564戸から8 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月22日