【連載】CFネッツ流新・大家実践塾□38□、生活保護を考える大地主、貸地更新料に支払い規定なし、400年以上の旧家は売れない

 「昔はここらで一番の地主だったよ。」  テレビコマーシャルを見て問い合わせをしたという高齢者の自宅に訪問したことがある。80代男性でひとり暮らしなのだが、部屋の中はきれいに掃除されている。話をしていても、きちんとした人となりをうかがうことができた。  今回の相談は、「もらいそびれている貸地の更新料を借地人からもらえないか?」というものである。更新料というのは借地契約更新のタイミングで当然にもらえ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月22日