【余滴】将来の国を支える人材作りへの焦り……

 将来の国を支える人材作りへの焦りが垣間見えている。2020年の大学改革に向けての動きがそれだ。学校関係者や予備校・塾もそれに備えて手探りの状態だ◆都立中高一貫の中学入試では適正検査型としての受検を実施し、私立中高一貫でも通常の試験に加えて適正検査型の入学試験を実施する学校が増えている。要は国語だけでなく算数であっても文章を読み込み考えて記述する問題が増えている。受験・教育の専門家は、国語力の重視 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月22日