【宅建士試験解答・解説特集号4~7面】、権利関係は易化傾向、合格ラインやや上昇か

 2018年度の宅地建物取引士資格試験(=宅建士試験、試験実施機関・不動産適正取引推進機構)が10月21日、全国47都道府県の試験会場で行われた。国が住宅ストック流通に政策の舵を切った中で今年度は、速報値で前年度より2・28%多い21万3914人(受験率80・6%)が受験した。昨年に引き続き、受験者数が20万人を超えた。週刊住宅タイムズの講師陣による分析では、今年度の試験は権利関係は「条文や判例が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月22日