【ツーバイフォー特集】、新商品開発で、非住宅分野を開拓、福祉施設への普及進む

 北米の住宅建築工法である2×4工法が日本に導入(オープン化)されたのは1974年。北米の合理的な建築手法に着目しての導入だったが、44年の歴史の中で住宅産業は成長・拡大の時期を経て、バブル崩壊後は縮小時代に突入し、質への転換が進んだ。  21世紀の住宅建設は増減を繰り返しながら右肩下がりにあるが、2×4住宅は、そうした中でシェアを着実に伸ばしてきた。住宅市場の縮小期においても強さを発揮し得たのは ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月15日