新日鉄興和、ミャンマーで事業展開、初弾はPFTでSA232戸

 新日鉄興和不動産はミャンマーに進出する。10月6日、9月に設立した現地法人を通じてミャンマー工業省との間でヤンゴン市におけるサービスアパートメント開発のBOT契約を締結した。  ミャンマー工業省がヤンゴン市の中央部タムウェ郡区に所有する約6000平方メートルに、単身赴任の日系企業駐在員をメイーターゲットとしたサービスアパートメント(232戸)を開発するプロジェクト。総事業費は約8000万米ドルで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月15日