野村不動産が新・街づくり構想、街の共用施設で活性化、エリア価値向上綱島複合1320戸に導入

 野村不動産グループは、新・街づくり構想「BE UNITED構想」を始動した。開発エリアの持続的な活性化によって、住民、来街者、周辺地域などを含めた満足度を高めて長期的なエリアブランド向上につなげる。初弾として多世代対応の住・商・健・学複合開発「プラウドシティ日吉」(総計画戸数1320戸)に導入する。  プラウドシティ日吉は東急東横線、横浜市営地下鉄ほか日吉駅徒歩9分に位置する野村不動産と関電不動 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月15日