新たな「圧縮試験機」導入、ベターリビング試験を迅速化

 ベターリビングつくば建築試験研究センターは、地盤改良体、セメントミルク、モルタルなどの一軸圧縮試験などを迅速に実施できる「三連式電動200kN一軸圧縮試験機」を導入した。  これまで50kNであった試験荷重容量を200kNに増強するとともに、三連化により試験処理が迅速化。試験結果を速やかに報告できるようにした。  つくば建築試験センターには、2000kN圧縮試験機、1000kN万能試験機などを備 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月15日