全宅連、安心R年度内に全国始動、民法改正に備え電話相談も

 全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連、坂本久会長)は10月1日、「安心R住宅」をスタートした。中古住宅の流通活性化に向けて業界団体として後押しする。現在、38宅建協会が導入しており、年度内に47都道府県すべてに広げる。近く第1号の特定構成員が出る。個人間売買は対応が難しいため、買い取り再販物件に絞って展開する。全宅連会員で売買を本業とする事業者のうち2割ほどが簡易なものも含めて買い取り再販を手掛 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月15日