実務検定の推進協議会発足、不動産流通推進センター、地方普及に向け大手など12社

 不動産流通推進センターは、「不動産流通実務検定スコア」の普及に向けて推進協議会を10月5日に発足し、第1回の協議会も開催した。三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブルなど大手を含めて12社でスタート。随時会員数を増やす。  同スコアは、不動産流通に関する実務能力を判定する。英語の能力を計るTOEICのように合否ではなく点数化により現状の実力を知る方法として国土交通省も後援して2015年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月15日