活況、物流施設開発、大量供給が潜在需要を顕在化、新規参入も相次ぐ

 物流施設開発が活発だ。過去平均を上回るペースで新規供給があるものの、それを吸収する需要もおう盛で、空室率は低水準で推移する。新たに物流施設開発に参入する企業も目立ち、当面は高水準での供給が続く。一時的な空室率上昇の可能性はあるものの、新規供給が潜在的な需要を顕在化する掘り起こし効果もあって、全体としては需給が大きく崩れることはないという見方が多い。ただ、選択肢が増えることでエリアや施設による差が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月15日