メディア向け出版記念対談長嶋修×田原総一朗、さくら事務所、「住宅政策の転換を」、地方問題は県知事の責任

 不動産コンサルティングのさくら事務所(東京都渋谷区、大西倫加社長)は10月3日、長嶋修会長の著作「100年マンション資産になる住まいの育てかた」(日本経済新聞出版社)の出版記念としてジャーナリストの田原総一朗氏と長嶋氏のメディア向け対談を都内で行った。発売翌日に重版が決定した本書では、マンションを取り巻く世界を予測している。対談では、住宅政策など日本の実態を長嶋氏が説明し、田原氏が疑問をぶつける ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月8日