賃貸住宅、死後の原状回復に備え、特殊清掃依頼の7割管理会社が占める出費を保険で賄う、孤独死、自殺・犯罪死への対応サービス相次ぐ、スターツグループ10月1日販売開始家主向け家賃補償保険

 急速に進む高齢化。独居老人も増えており、賃貸住宅を運用するオーナーにとっては、空室対策・適正賃料の確保といった運用実績を上げることのほかに、孤独死など別のリスクへの対処に気を回すことが多くなった。孤独死にとどまらず、事件・事故で入居者が急に亡くなった場合に対する備えも含めてオーナーのリスク管理が見直され始めている中で、それをサポートするサービスを不動産仲介・管理会社なども注力する。    ■   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月8日