売り値は臨界点、2013年機に右肩上がり、成約件数の伸びに影響、東京区部、最大1300万円アップ

 不動産売買仲介各社は「今年は売りと買いの情報がともに多い」といい、首都圏の中古マンションマーケットについて、17年の成約増・価格上昇と違って成約件数が減って成約価格も上限が近く、市場にはダブつきが出てきたと実感する。東日本不動産流通機構(東日本レインズ)によると、首都圏の中古マンションの成約件数は8月に2303件と4カ月ぶりに1年前の水準を上回ったものの今年は成約数で目減り感が強まっている。物件 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月8日