長谷工の高齢者住宅、小型ロボット活用で生活改善を実証

 長谷工アネシスと長谷工シニアホールディングスは、高齢者が健康で豊かに暮らせるマンションライフの実現に向けて、小型ロボット企画・開発のハタプロと共同で、手乗りサイズの対話型AIロボット「ZUKKU」(ズック)を活用した高齢者の健康増進サポート効果を実証した。  長谷工シニアHDは、運営する高齢者住宅でコミュニケーションロボットを活用した介護予防体操「ゆうゆう体操」の普及に取り組んでいる。  今年5 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日