JR東日本、9.5haに延べ85万m2開発、品川新駅周辺住宅860戸、ホテル200室など

 JR東日本は9月25日、山手線田町駅―品川駅間に位置する仮称・品川新駅と周辺地区開発からなる「品川開発プロジェクト」の概要を明らかにした。  新駅と街区を一体開発する特徴を生かし、新駅周辺にオフィス、ホテル、商業、コンベンションなどを設けるほか、文化創造施設や住宅、教育施設などを計画する。今年5月に国家戦略特区会議で都市再生プロジェクトに追加され、今後特定事業としての認定に向け手続きを進め、20 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日