【連載】住宅ジャーナリスト・桜井幸雄の現場レポート先端を読む□541□、駅徒歩2分でも“凝ったつくり”、大成有楽不動産「オーベル藤が丘」、ひな壇上へエレベーターも

 大成有楽不動産の「オーベル藤が丘」は、東急田園都市線藤が丘駅から徒歩2分という便利な立地と、凝ったつくりで注目されるマンションだ。  現在のような価格上昇期、こんなに駅近で、こんなに建物にお金をかけた物件は滅多に出てこないだろう。  同マンションの建設地は、藤が丘のメーンストリートと呼べる街路樹付きの歩道が整備された道沿い。駅から歩いて2分と近く、駅からのルート上に東急ストアがある。便利な立地で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日