次世代住宅プロ、LIXIL採択、国土交通省

 国土交通省は9月26日、先導的な技術の普及啓発に寄与する「次世代住宅プロジェクト2018」の第2回採択事業者として「居住者見守り訪問介護サービス」(代表提案者・凸版印刷)、「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減」(LIXIL)を決めた。  7月2日~31日に公募し、4事業者の応募があった。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日