日本不動産研究所、価格20年2.3%下落、23区賃貸住宅の中期予測

 日本不動産研究所は9月27日、住宅マーケットインデックスを活用して東京23区のマンション価格と賃料の2025年までの中期予測を発表した。  新築・標準タイプ(専有面積40~80平方メートル未満)のマンション価格と賃料を予測したところ、価格は18年に2・1%プラスで推移し、19年には10月に実施予定の消費税引き上げの影響を受けて微減(0・1%マイナス)すると予測。20年には増税の影響が本格化し、2 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日