10月スマートホーム実証開始、東急不HD東急リバブルグループの賃貸マンション

 東急不動産ホールディングスと東急リバブルは10月から都内の賃貸マンションでIoTを活用したスマートホーム「Taskus(タスカス)」の実証実験を開始する。 その検証結果を踏まえた上で、将来にはスマートフォンの専用アプリを活用して入居者が不在のときでも家事代行や宅配といったサービスが提供できるようにしたい考え。東急リバブルの100%出資会社であるリバブルアセットマネジメントが開発・保有する賃貸マン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日