東急リバブル、山口県の支援業務を受託、都内の県職員公舎売却など

 東急リバブルは、山口県と県職員公舎(メゾン山口)に関する売却等支援業務の委託契約を締結した。9月25日発表した。同県が財源確保を目的に都内に所有するメゾン山口をリースバックするために、売却契約成立に向け委託業者の募集を行っていたところ、東急リバブルが応募して委託業者として選定された。県職員公社は目黒区上目黒5丁目に所在する。  主な業務内容としては、物件調査・物件調書作成や広報・宣伝、買い主の探 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日