空き家の可能性4割、「スマイスター」利用者の実家調査売却・賃貸で対応が半数

 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無社長)は9月25日、同サイト利用の30歳以上の247人を対象に「実家が空き家になる可能性」について調査したところ、空き家になる可能性が40・1%に達することがわかった。  可能性が「ある」(30・4%)と「既になっている」(9・7%)を合わせると4割を占めた。「ない」(58・7%)は6割に届かなかっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年10月1日