ロボット開発の国外企業に投資、森トラスト

 森トラストは、自律走行型搬送ロボット「Relay」などの開発・販売を行う米国企業Savioke(サビオーク)に出資した。新イノベーション投資戦略における初の国外企業への直接投資となる。  Relayは、センサーマッピングによる自走や、エレベーターを使用した階移動などが可能で、すでに米国の複数のホテルに導入。物流関連施設、病院などへの導入を進めている。  森トラストの保有施設を活用した実証実験や、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日