渋谷で盛大に「祭」、再開発など企業も参加

 100年に一度といわれる再開発が行われている東京・渋谷で9月14~15日、「渋谷金王八幡宮例大祭」が開かれた。15の町会が参加する青山、渋谷区域の祭礼。五穀豊穣・繁栄・無病息災を祈願して数百年以上続く行事だという。  住民が少なくなった地区もあり、商店会を中心に企業の参加者も少なくない。道玄坂一丁目の神輿の担ぎ手には、地元の人に加えて東急プラザ渋谷などの跡地で進む再開発事業を担う東急不動産や清水 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日