松山市の中心市街地で再開発、大京ら3社が事業参画

 大京、野村不動産、三菱地所レジデンスの3社で構成するグループは9月19日、松山市で市街地再開発事業の検討を進めている「湊町三丁目C街区地区市街地再開発準備組合」と事業参加協定書を締結した。  伊予鉄道松山市駅から徒歩5分、アーケード商店街の銀天街と大街道との中間地点である銀天街L字地区の9・10街区の約1・1ヘクタールを施行予定区域に、大規模駐車場、広場空間と商業・公益施設、住宅整備などを検討し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日