住宅FCを分割、ヒノキヤグループ

 ヒノキヤグループは、住宅FC事業を完全子会社の日本ハウジングソリューション(東京都文京区、荒木伸介社長)に承継させるための会社分割を実施する。効力発生日は11月1日。  日本ハウジングソリューションは、冷暖システム「Z空調」の販売元として、今年8月31日に設立。同事業が、住宅FC事業と親和性が高いことから、統合による効率化とシナジー効果による業績拡大を見込む。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日