【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□986□、急成長する武蔵コーポレーション、収益物件に安心付与、建物・満室・滞納3つの保証

 武蔵コーポレーションの大谷義武社長が不動産ジャーナリスト会議の勉強会で、13年で年商100億円企業に成長させた「三方よし経営」について講演した。  大谷社長は埼玉県越谷市生まれの42歳。東京大学経済学部卒業後、三井不動産に入社、大規模商業施設の開発、不動産金融・証券化の業務に携わり、2005年・30歳の時に退社し、武蔵野コーポレーションを設立。収益用不動産の仲介からスタートし、買い取り再販↓ 賃 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日