【連載】不動産の実務を探る□25□畑中学、不動産営業と声の質、必要な「声の“勢い”」、顧客を引っ張る流れ

 不動産営業の成果に声の質は関係しているはずです。質と言っても大きさ、高さ、明るさ、自信と、いろいろとあるのですが、総称して言うと“勢い”だと考えています。「声が小さいのでは話にならない」物を売る業界では当然の話しですが、不動産営業もまったく同じではないでしょうか。  「担当者の声が暗いのが何となく嫌で、結局依頼をしなかったんですよ」他の不動産会社にも相談をしていた顧客からそう言われることも度々あ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日