相次ぐ災害、市場に影響も、ビル被害は限定的、高まるBCPニーズCBRE

 シービーアールイーは、相次ぐ自然災害が大阪と札幌のオフィス市場への影響をまとめた。大阪、札幌ともに、災害によるオフィスビルへの大きな損傷は認められなかった。ただ、非常時の業務継続に対するテナントの意識はさらに高まるとみられ、ビルオーナー側に何らかの対策が必要となるケースが出てくると見る。  大阪では関西空港が高潮により冠水、連絡橋にタンカーが衝突したことで3000人以上が島内で孤立。強風による電 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日