【連載】CFネッツ流、新・大家実践塾□34□、不動産市場の二極化拡大、「物件価格が下落しているって本当?」、好立地の物件は依然、高水準

 日々の業務の中で、近頃最もよく聞くワードは「物件価格落ちてきた?」というものである。確かに不動産関連のニュース上では価格下落の文字が散見されるようになったと感じる。その背景としては、某シェアハウス業者の破綻から引きずり出された某金融機関の問題が大きく影響していることだと思う。  金融機関はその余波によって融資姿勢を引き締めざるを得ず、不動産業者は突如として融資がつかなくなって売れ残り物件を抱えて ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日