名古屋圏、実需・投資とも強含み、リニア新幹線を見据える

 名古屋圏の商業地は3・3%上昇し、名古屋市は6・5%と昨年から上昇幅を拡大している中で、「リニア新幹線期待に落ち着いた感がある。足もとでは適正価格のマンションであれば売れ行きは好調に推移している」(仲介大手)。  「リニア新幹線の駅ができることで向こう5~10年で名古屋中心部だけでなく、中村区など西側エリアでJリートなどの物件購入ターゲットになるだろう」(ムーディーズ・ジャパンの福士昭文シニアア ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日