【連載】新・不動産鑑定の現場から、海老沼事務所の視点(12)、都道府県地価調査、雇用・景気回復、外国人がキーワード

 2018年度の都道府県地価調査が発表されました。今年度の調査でも地価は上昇傾向にあります。  概要は、(1)全国平均では、全用途平均が1991年以来27年ぶりに下落から上昇に転じた。  用途別では、住宅地は下落幅の縮小傾向が継続している。商業地は3年連続で上昇し、上昇基調を強めている。工業地は昨年の横ばいから27年ぶりに上昇に転じた(2)三大都市圏をみると、各圏域で住宅地・商業地とも上昇基調を強 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月24日