杭州市で大規模複合開発、三菱地所中国で初のオフィス参画

 三菱地所は中国でのオフィス開発事業に参画する。  中国大手デベロッパー・万科企業と共同で、杭州市のオフィスを核とする大規模複合開発事業「奥体万科中心」に参画する。中国におけるオフィス開発事業への参画は初めて。杭州市東部の銭江世紀城エリアの中心部、2019年に開業予定の杭州地下鉄6号線豊北駅徒歩1分に地上22階地下2階建て延べ9万5318平方メートルのオフィス・賃貸住宅・ホテル・飲食店舗からなる複 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月17日