東急電鉄が鉄道分社化、不動産事業は本体で継続

 東京急行電鉄は9月12日、2019年9月をめどに鉄道事業を分社化すると発表した。  会社分割により、鉄道事業を100%出資して設立する新会社に承継することを想定。持続的成長のためには、環境変化にスピード感を持って対応するとともに、新たな付加価値の創造による事業拡大を図る必要があると判断。事業持株会社と事業経営を行う各子会社へ機能別に再編する。  今回の再編は鉄道会社のみの分社化で、持株会社は不動 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月17日