CLTで10階建て住宅三菱地所、軽量化で基礎杭不要、工期短縮もメリット

 三菱地所は仙台市泉区で建設を進めているCLT(直交集成板)を使用した10階建て賃貸マンション「仮称・泉区高森2丁目プロジェクト」の建設現場を報道陣に公開した。  CLTを床材に使用した日本初の高層建築物で、同社と三菱地所設計、竹中工務店、山佐木材の4社が取得したCLT床2時間耐火構造の国土交通大臣認定技術を初めて適用したハイブリッド構造。2LDK~3KDKの39戸で、延べ約3620平方メートルの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月17日